just do it☆dohyo


最近頻繁にくまができるように…
by kotomitsuko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいちゃん

山口です。
じいちゃんのお葬式でした。
お葬式ってもちろん悲しいのだけれども、一人の人のためにこんなにたくさんの人が集まってくるというのはすごいことだな、と思って
人の縁というのはすごいものです。
人との出会いや縁というのはほんとうに大事にしなければいけないんだな、と思いました。

とくにじいちゃんは中学校の校長先生をしていたから、教え子がたくさん
それぞれ思い出を語ったりして、先生という職業はこんなに人に影響を与えるものか、としみじみしました。
そして親族にとってお葬式というのは忙しい。
この忙しさが、悲しさや淋しさをまぎらわすのかな、と思って
でもふと立ち止まるとやっぱりじいちゃんのこと思い出すのです。


私が産まれてすぐ次の年に妹が産まれたため、私は小さい頃じいちゃんちに預けられていたのです。
歩きはじめるのが遅かったから、じいちゃんはわたしにつかまり歩きをさせるおもちゃを買って練習させて
みなはうちで歩くようになったんだ、といつまでも自慢していたそうです。
初孫ということでものすごいかわいがってもらっていたらしくて、
そんなわけでわたしはじいちゃんっ子になったのかもしれないです。


いまでもじいちゃんのこと大好きです!
悲しい気持ちよりも楽しい思い出のほうが強いかもしれない。

だいたいじいちゃんは85歳までものすごい元気でしっかりしてて
いつまでも若くていいじいちゃんでした。
わたしもあんな風に歳をとりたいって思うのです。


さて、
じいちゃんにはこれからもがんばれよ、と言われていたことだし
いつまでも立派な自慢の孫でいられるよう、がんばるとします!
[PR]
by kotomitsuko | 2006-01-16 17:12 | 言いたいだけ
<< なおっぺばとん 概要集 >>


カテゴリ
以前の記事
リンクたち
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧