just do it☆dohyo


最近頻繁にくまができるように…
by kotomitsuko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

映画映画

卒計が終わって早いもので10日。
終わったらたくさん寝て暮らそう…と思っていたのですが毎日なんだかんだ忙しいのです。
主にバイトだけど…
でもこないだバイト先でライブあがりのショーン・ポールと話したのです。
そしてサッポロビールを売ったのです。
これはちょっとした自慢です★えへ

あとはスノボに行っておしりにアザをつくったり
歯についに矯正用のワイヤーがついて、何を噛んでも痛かったり
マリノアで買い物しすぎて帰りにバイクが風にあおられて、横に平行移動したり(危険!)

そんなたいしたことはないけど、これが待ち望んでいた日常ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週は RIZE を観に行きました。
b0000787_1435121.jpg

HPだとポップな感じに見えるけど決してそんなことはないです
淡々としたドキュメンタリーをいい音楽といい映像で見せる、というか魅せる映画で、さすが写真家でミュージックビデオ出身の監督…(個人的にはブリトニーの風呂のPVけっこう好き)
だからスタイリッシュですね、という視点でも充分楽しめるはず。
もちろんダンスもものすごいので…

だけどこの映画を観る意味はそこだけじゃないです。
階層が貧富の差によって位置づけられてしまう、そういう社会の中だと、生まれたときからその先の人生が決められてしまう
じゃあ、生まれた街が、銃やギャングや麻薬や売春が日常という場所だったら?
まともな生活にしがみつくための、たったひとつ彼らにできることが”ダンス”だった、という映画です。
まさに闘ってるわけです。

この映画では、あくまで彼らの姿を見せるだけで、何もどうしろとも言いません。
現実しか見せていないわけです。
観終わったあと相方に、「こんなところにいたん?」と聞かれましたが、「いや…」としか答えられませんでした。
私は無知すぎました。サウスセントラルは危険、ということしかしらなかった。

ギャングとダンスを踊る人の違いもしらなかった。そしてその背景も。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あとはバイト先で spirit を観ました。
b0000787_1454560.jpg

感想を一言で言うと、ジェットリー、かっこいい…
あと中村獅童はいい役もらってますね。

2時間があっという間だったので、娯楽映画としてはよくできていたと思います。
アクション(カンフー)がものすごいので、そういうのが好きな人には楽しめるとおもいます。
景色やセットも手が込んでるし。。。中国に遊びにいきたい。。。

内容はまぁ、実話を元にした映画ならこれくらいかな、といった感じです。
これだけいい素材が揃っているんだから脚本をもっと作り込んだらよかったんじゃないかな〜
というか前半はかなり面白かったのに、後半ちょっと慌ただしくて…でも、実話なのでそれはしかたないですね。

というか素直でわかりやすいストーリーなのです。いい話なのですが、ひねくれた私には物足りないのかな…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

b0000787_1471083.jpgあともうひとつ観たのが crash

これまたロサンゼルスのお話。ドンチードル、好きだな〜と思いました。

これはぜひ観てもらいたいので、あえて深い内容は語らずです。



ただこれを観て、ひとつ思い出したこと。
留学が終わりに近づいた頃、車を売ってしまった私たちはバスで買い物にでかけました。
バスを待ってるとひとりの黒人のおじちゃんといっしょになる。

バスがなかなか来ないので、連帯意識からか目が合ってほほえみあって
いつのまにかたわいもない世間話に。

おじちゃんは「高校生の息子がいるんだけど、なんだか変な髪型にしたがって困るんだよ〜〜子供は坊主でいいのにな!」
なんて話をし始めました。


はは、日本の高校生もアメリカの黒人の高校生も変わらない、
そしてその親も変わらないんだな、なんてほほえましい気持ちになって、
バスが来て最後は握手をして別れたんだけど


この映画は、わたしのこんなささいな思い出とは全く正反対です。
異人種の間に共感ではなく先入観や憎しみが生まれ
人種や社会や価値観の違いがクラッシュして、するとそれが交錯して悲劇につながっていくんです。



この映画では様々な人たちがクラッシュする様子を、全部客観的に見せています。
誰かの主観から描いたらだめなんです。
人種問題は、誰の立場でも正しい、そんなこともある…
だれの立場でも、その立場にしてみたら、正しい。。。
「憎しみは新たな憎しみしか生まない」ってのはspiritに出てくるセリフだけど、それをひしひしと感じました。

難しい問題、だけど、なんだか期待していいような、不思議な気持ちにさせてくれる映画でした。
あのおじちゃんと仲良くなったときの気持ちと似た気持ちです。


それにしても、ロサンゼルスはなんだかきれいな街やねーー!
さてと来週はついにルワンダを観るぞ★
そしてその次はブロークバックマウンテンやね★
せっかくやけんたくさん観なくては。。
[PR]
by kotomitsuko | 2006-02-28 00:20 | 映画
<< お腹がいたい 戦った後の更新 >>


カテゴリ
以前の記事
リンクたち
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧