just do it☆dohyo


最近頻繁にくまができるように…
by kotomitsuko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅( 28 )

家族旅行

弟妹アンド母が九州にやってきたのでいろいろとでかけてきました。
思えば家族で旅行なんて何年ぶりだろう~
まぁどこに行った、といわれれば阿蘇・九重と別府です。定番です。
b0000787_163193.jpg
でも何度行ってもあの草原は素敵ですね。
うちのママの中学校のときの修学旅行先だったそうです。実に30年ぶりだそうです。
当時やまなみハイウェイが出来立てだったそうです。
そして今回はそのやまなみハイウェイで遭難しかけました。だってカーナビがおバカさんだったのです。

b0000787_1673833.jpg
b0000787_1675097.jpg
地蔵地獄と血の池地獄です。初めて見ました。
地蔵地獄のほうはもう泥がふつふつと、いかにも地獄風ないでたちで私たち親子をさんざん喜ばせました。
母はこの泥のふくらむ瞬間をカメラにおさめようと数分間しきりに格闘していましたが、どうしても撮れず、弟に「動画にしたら?」と言われくやしそうでした。

血の池地獄は… 本当に血の池のようで、なんかすごいを通り越して私にはちょっと怖かった。
赤い池ってなんかちょっとやーね。
実は明礬地獄にも行ったんですけど、この二つよりはぜんぜん地獄らしさがなかった。
ってゆうか足湯があってきもちよかった。
ということで明礬地獄がいちばんナイスでした。地獄蒸しプリンおいしかったし。



そして夜は高速道路を飛ばして帰ってきました。
なんか高速道路となるとついついやたら飛ばしてしまう上、左ハンドルのくせが抜けずどうしても左に寄ってしまいみんなをひやひやさせました。
いや、飛ばしたのはスピード狂だからではなく、あさみの送別飲みのためよ。
なんかめっちゃ楽しかった。とくに酔っ払いマキ素敵だった。

思えば去年福岡を去るとき、博多駅まで見送りに来てくれたあさみと博多駅うらのごはんがおいしい居酒屋?で飲んで
あれからもう1年かぁ。そしてあの時見送られた私が今度はあさみを見送る番。。。
なんだか時の流れにしみじみです。
あさみ頑張って来るんだよ~ そしてまたみんなで飲もう。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-08-30 16:14 |

その2

旅日記てけっこう大変だなぁ…
このBlogは今日から、just do 世界の車窓からに変わりました。


b0000787_2514871.jpg2日目の朝は、目覚めてびっくり!

砂漠とか草原ばっかだったはずの景色が、とつぜん針葉樹林に変化!

b0000787_2521046.jpg…そして山には雪が!

はぁ〜びっくり
夜中は列車もがんばってたくさん走ったのね!

気づいたらオレゴン州に入っていたのでした。

b0000787_253147.jpg
しかし列車はちんたらちんたらゆーーーっくり走る…
対向列車がくるたびに停車。
それどころかメインの車両(牽引車)が故障しただとか
いきなり警察がやってきて乗客を連れて行ったりとか(何かいけないものを運んでいたのか?)
そのたびに停車停車…。

ポートランド(最初の下車予定地)に到着する予定だった時間になっても、まだ全然森を抜ける気配はない…
いったいいまどこなんだろう??

b0000787_2534678.jpgいつのまにか夜の7時過ぎ
つまりもう30時間くらい列車生活というわけです。
小さな駅に着くたびに下界の空気を吸おうと降り立つ…
ちなみに列車にはレストランもカフェもついてるので食事には困りませんでした。
なんかこのあたりの景色が、スタンドバイミーみたいでいいなぁ、と思っていたら
隣のお兄ちゃんいわく、あの映画は本当にここが舞台だったそうです。
あのアメリカのイメージはアメリカ北西部だったのね…!
ここでiPodからガクのアメリカCDを選んで聞くことにする。

b0000787_2543966.jpgそしてこれねー、またもや夕焼けがきれいなんです。

そしてびっくりすることに、これ夜8時半過ぎの写真なんです。
b0000787_2591338.jpgこれは9時すぎ。
そう、北に来たため日の入りがすっごく遅くなっていたのです!
昨日と明らかに違う明るさ…
列車に乗ってこんな遠くまでやってきたのね…

これは感慨深い

b0000787_2594512.jpgそして、オレゴン州ポートランドに着いたのはなんと夜の11時過ぎでした。


b0000787_305831.jpgちなみに到着予定は夕方4時。
7時間遅れ。
7時間って!7時間って!

まぁいいか。無事着いたんだもんね…


この日はポートランドに泊まりました。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-06-18 03:06 |

長い一日その1

西海岸縦断列車の旅を思い立ったのは、あこがれ的素敵クラスメイトのお姉さんが「西海岸のAmtrakはいいわよ」と言ったのを聞いたからです。
Amtrakというのはアメリカ中を巡っている列車です。西海岸を走るコーストスターライトという列車に乗ってロサンゼルスの遥か北、カナダの手前シアトルまで向かうことにしました。

出発の日は朝早くに家を出ました。
しかもこれが、長いこと暮らしたビレッジとのお別れの日だったのでなんだか感慨深くて、頭の中では斉藤和義の引っ越しがエンドレス…
今回は自分が見送られる番になってしまって、実感はあまりなかったんだけど
バスの外で手を振る友達を見ると胸がぐっと締め付けられる思いでした。



b0000787_14513994.jpg西海岸の列車はよく遅れるよというのを聞かされていたんですが、
スタートのロサンゼルスユニオンステーションでいきなし1時間半待ち…
まあこのときは驚きもせずひたすら待ったのですが、これはこれからの長旅の序章でした。

b0000787_14523017.jpgそんなに頻繁に遅れるなら前もってゆったりダイヤを組めばいいのに!
まぁアメリカ人にそんなことを言っても仕方ないので…
この列車、寝台車もあるんだけど飛行機より高いのでいちばん安い客車に乗りました。
んでもまくらもついてるし、私は体が短いので足を思い切り伸ばせるし
窓が大きくて景色も見渡せるしでムーンライト九州の数倍は快適でした。
残念ながら薄曇りだったけど、ビーチはやっぱ最高だね!
カリフォルニアの海は波が大きいところが好きです。


b0000787_14531691.jpgサンタバーバラを越えると内陸へ…内陸は砂漠っぽい山だったり草原だったりくるくる変わる景色が本当に飽きさせません。



やべぇ!私列車大好きかも!!!


b0000787_14561938.jpg隣の席に来たのは私よりちょっと年上くらいの白人の男の人でした。
彼はルイジアナ出身の学生で、西海岸には初めて来たそうです。
卒業して就職が決まったので最後の旅行に…というわけだそうです。


私が交換留学生だったという話をしたら、実は彼も数年前ドイツへの交換留学生だったんだよ、と話しだしました。
専攻がドイツ史だったからだそうですが、「交換留学はその国だけじゃなくていろんな国の人と友達になれるからいいよね!」と言っていて
うんうん、まったくその通りだー!!と思いました。
「あくまで交換留学というのは、勉強だけじゃなくて文化やらなにやらとにかく交換するべきだからとにかくいろいろ経験して遊ばないと!」
うんうん、その通り!


b0000787_14571465.jpgそんな話をしながらも…気になってたのですが、
なんか列車がやたら止まるんです。
30分走っては一休み、の繰り返し…
止まっては走り止まっては走りでもういったいどんなけ遅れてるのかわからない…

速度も日本に比べたらずーっとゆっくり。
てか車に追い抜かされてる!こりゃ車で旅したほうが早いよ!
…でもみんなきっとそれをわかってて乗ってんやろな
列車で旅をするのが好きな人ばっかなんだろうな〜こりゃ。

そんで、夕焼けがすごすぎて感動しました!
なんつーか、すごい色の赤やってん。写真にはうまく写らなかったけど…
例えるなら、すごい新鮮なカツオの色、かな…


b0000787_1458099.jpg夕焼けを見ていたらうとうとしてしまって…
気づいたら朝の4時、場所はサクラメントでした。

え!まだカリフォルニアから出てないのかよーーーーーーーーーー!
…ま、いいか。夜の駅ってなんだかいいよねと思いつつまたぐっすり。



つづく(たぶん)
[PR]
by kotomitsuko | 2005-06-17 15:02 |

grand canyon

学校も残すところあと1週間。
つまり今週末は学期中で最後の週末でした。
先週末で愛車にお別れを告げたので、今週はレンタカーにて、グランドキャニオンに行ってきました。

b0000787_10245149.jpgこの道はその昔、アメリカに来たばかりの頃に砂漠へ連れて行かれた時と同じ道です。
あの時も果てしない…と思ったけど、やっぱり今回も果てしなかった。…遠い。
でもアリゾナに行ったときのことを考えたらまだ近い。
しかも今回はドライバー3人。
いつ思い出してみても、アリゾナに行ったときのことはありえないと思います。ひとりであれだけ…彼がどうやってやり遂げていたのか思い出せない。

b0000787_1026828.jpg
砂漠の中を運転し続けてたどり着いたのは、眠らない街ラスベガス!
まさにオアシス。
今回はラスベガスで2泊したのですが、もう、すごいですね、この街は。
街が、浮かれ過ぎです。
疲れた体には厳しかったのと、次の日が早かったので、いくらラスベガスが眠らない街だろうとおかまいなしに早寝しました。


b0000787_10371368.jpg2日目の朝は4時起きでした。
ついにグランドキャニオン!
しかし私、小型飛行機乗るの初めてなんです。
しかもボロい。しかもアメリカ人って管理がずさんぽい(ごめんなさい)
よって、本当に怖かったです。実際乗るまでずっとびびってました。

b0000787_10411091.jpgしかしもう、その景色のすごさに、怖さとか本当に忘れてしまいました。
本当に感動しました。
地球じゃないみたいだった。
てか地球ってすげえ!
本当に今までに一度も観たことのない景色が広がっていました。b0000787_1045460.jpgb0000787_1045215.jpg


果ては霞んで見えないし、雲の影は模様のように地面に映っているし、
コロラド川が何百万年(何千万年?)もかけて浸食し作った渓谷は、不思議で美しすぎる…

17億年の地球の歴史の3分の1の地層がここで見られるんだそうです。

ほんとに果てしない!




(写真かすんで見にくくてごめんなさい…
朝だったので…)

早朝だったので人も少なく涼しくてとてもよかったです。

ありきたりな言葉しか出てこないけど、自然ってすげえ!地球ってすげえ!

b0000787_1123219.jpgしかし帰りは風がめちゃくちゃ強く、本当に泣きそうなフライトでした。
飛行機が上下ではなく左右に煽られるのを、初めて体感しました。

ぶっちゃけ、もう帰れないのかもしれない、と思いました。
本気で。
引き返さないのかな?引き返さないのかな?と、座席を鷲掴みにしながらずっと様子をうかがっていましたがそんな気配はなし。
途中で操縦士の人が緊張をほぐそうと、元気?とかエアコンの調子はどうだい?とか軽く聞いてきてましたが、正直返事なんてしてる余裕なかった!
1時間ちょっとの間ずっと、財布に常備している宮地嶽神社のお守りを握りしめていました。
外を見ながら、あの平地にだったら安全に不時着できるんじゃないか、とか
渓谷が見えると、あそこに落ちてしまったら終わりだからあとちょっと渡りきってくれだとか、そんなことばかり考えていました。
帰って来れてよかった。

b0000787_11132082.jpgかなり早起きだったのでホテルに帰ってちょっと寝て、その後は夜のラスベガスをちょっとうろうろしました。

いやー、この街やっぱり浮かれ過ぎです。
夜中になると、街中よっぱらいばっか!

ホテルが一緒だった女の人は、「べガスの何がいいって、公共の場所(街中)で飲めることよ!」
と断言していました。
確かに、カリフォルニア州では、街中で飲むことは法律で禁止されてるし(確か)、車の中にお酒を持ち込むことも禁止されてるんですね。
そもそもラスベガスがこんなに賑やかになったのも、ネバダ州が、カジノを合法化した最初の州だったからだというし、法律が厳しい他の州の住人にとってはラスベガスはまさにパラダイスなんだろうな〜と思いました。
みんな浮かれまくり。

ちなみにカジノは様子を眺めただけで挑戦はしませんでした。。。
だってこわいんだもん!


まぁ、そんなこんなで2日目は夜更かしして、3日目はお昼近くまで寝てから帰宅しました。
b0000787_11323246.jpg帰り高速道路を飛ばしていたら、前の車が突然左によけたので
何!?と思ったら、突然道の真ん中に車のバンパーが落ちてる!!!
助手席の子が「左によけれるよ!」と言ったのでとっさに左にハンドルを切り、ぶつかる前に難を逃れましたが、あれはほんとーに危険でした。
びびった〜〜〜〜〜ありえんって!

無事に帰れてほんとに何より!出国前の厄払い、まだ効果ありのようですよ!まゆちゃん。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-06-07 11:37 |

カレーうどんゲットだぜ!

シーワールドといって、水族館と遊園地の合体した、魚好きにはたまらないテーマパークに行ったです。サンディエゴにあるです。

なんか動物っちゃすごいなぁ、といった感じでかなり楽しめるのです。
1日あったけど足りなかった!
そしてなんたって、イルカはたいへんかわいいということがわかったです。

b0000787_1437028.gifいっしょに行ったともだちのひとり(男)は、イルカといっしょに泳げるプランがあると知り本気で迷っていました。
150ドルです。iPodシャッフル買ってもおつりきます。


それくらいイルカは魅力的な存在ということです。

みんなイルカに夢中♡
人間さまは手玉にとられまくりです。
しかしそのかがやく笑顔をふりまいてエサをゲットしようだなんて
イルカは頭がいいというのは本当に違いない。



私はシャム(シャチ?)のでかさとかっこよさに感動しました。
近くで見ようと前の方に行ったら、頭から海水をかぶらされました。
シャチのやつ、しっぽで水をかけるんです。
とっさに体よりデジカメをかばった自分は偉い。
b0000787_1438471.jpg



大丈夫、こんなときのために着替えを持ってきてたのだ!
でも一日中からだが魚くさかった。
刺身がたべたくなった。
刺身たべたーい
[PR]
by kotomitsuko | 2005-05-03 14:40 |

GWやし

ちょっくらイルカを見に小旅行してきます。



いま、焼き肉もしくはカレーうどんがとても食べたい。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-04-30 16:30 |

santa barbara

今週はおでかけウイークでした。
水曜日からは授業の研修旅行で、ロスの北東にあるサンタバーバラという街に行ってきました。

b0000787_1414498.jpgサンタバーバラは地中海風の街でした。
街をつくるときにスペイン風にするか地中海風にするかみんなで相談して、地中海風に決めたそうです。

スペイン風にしようってのはわかるんですけど(カリフォルニアは昔スペインに支配されていたのでスペイン風建築が多い)なんでまた地中海風?と謎だったのですが…
ところが植物の勉強をしていて気づいたんですが、カリフォルニアってのは地中海性気候なんですね。
気候が似ているから植物や建物を似せてるんでしょうか?

ともかく、地中海風のちょっとまったりのんびりした海沿いの街というのは最高でした。
ちょっとクロアチアを思い出したり…

b0000787_14164343.jpg

いちばんかっこよかったのは、スペインに支配されていた頃に建てられたという教会です。
これはなんとカリフォルニアで2番目に古い建物なんだそうです。

b0000787_14202164.jpgLOTUSLANDという、何十種類もの庭が集まったおうちも素敵でした。

世界各国の庭から、サボテンの庭、植木の動物園、貝殻ばっか集めた庭、その他いろいろ…
この庭たちは、全部ある女性オペラ歌手が自分の趣味でつくったんだそうです。

彼女は何回も結婚してモテモテ。そのお金でこんな巨大な植物園のような庭をゲット…
アメリカ人はやっぱ規模が違います。うらやましいかぎりです。
(ツアーのおばちゃんの説明勝手に訳しただけです)

b0000787_14301897.jpg
クラスで今回おんなじグループだったみんなです。


授業が終わったあとは山道や海沿いをドライブしまくりました。
サンタバーバラ周辺、セントラルコーストはほんとに景色が美しいです。
海もきれい、山もきれい、星もきれい、のどかで広大で、素敵でした。
やっぱり、日本でもそうだけど田舎町は田舎町の個性的な魅力がほんとーに素敵ですね。

b0000787_14321517.jpgそのほかも、素敵スパニッシュ建築のミッションや、ややさびれた具合がぐっとくるボタニックガーデン、
近郊のバーバンクというデンマーク村、ちっちゃなアンデルセン博物館など、
短い旅行のわりにはサンタバーバラを満喫して帰ってきました。


実はこのあたりは映画SIDEWAYSの舞台にもなったところなんです。
のどかで、映画のまんまのところでした。
帰ったらもういっかい見らな。です。



そんでもって!昨日はずっと行ってみたかったUCLAをついに覗いてきました。
歩いている人たちがみんな超頭良さそうに見えるから不思議でした。

昨日UCLAでは南米まつりみたいのをやっていたのです。
メキシコ料理はあんましおいしくないよ〜という噂を聞いていたので、
実は私アメリカにきて7か月以上、世界のいろいろな国の料理を食べたにもかかわらず、メキシコ料理だけは一回も食べたことがなかったのです!
しかし昨日、メキシコ料理$1という屋台につられてチャレンジ。
感想は… 普通にうまかった。
でもそのあと飲んだメキシカンなジュースは…見たことのない果物が入ってて、正直、うーん…味わわずに一気に飲み干しました。


最近暑かったので、今日はついにビーチへ行ってきました。
子供に混じって泳いできました。海はやっぱりいいです。
ほんとにいいです。
そりゃもちろん来週も行こうと思います。

はぁ、でも、その前に課題せなん…
[PR]
by kotomitsuko | 2005-04-18 14:39 |

4月ですね

4月ですね。

日本だったらもっと新生活!気分一新! って感じだっただろうに、今年はそうでもありません。悲しいことに。
桜も咲いてないし… 今年はいまいち季節感がつかめないです。
日本の四季というのはすばらしいということをこっちに来てから気づきました。

今週の月曜日から新しい学期が始まりました。あと3分の1です。
…と思うと早い!けど長い!
3か月前のことが、遠い昔のようです。まぁ、この学期はダッシュでがんばります。



b0000787_1835221.jpg春休みサンフランシスコに1週間ほど行ってきました。
ひとことで言ったら、なんか…要素が多すぎて慌ただしい町でした。
あと、坂おおすぎ。長崎のようでした。

そんで、ロサンゼルスよりずーーーときれいな街でした。夕暮れ後一人でダウンタウンを歩けるなんてロスではぜっっっっったい考えられないですけど
ここは明るい道を歩けばだいじょうぶ、ってな具合。
でも…やっぱり治安の悪そうなところは…多いです。いつのまにかどこが危険かわかるようになってました。
「アメリカでのほほんと一人旅!(女子の)」というのはきっとかなわない夢です。きっとそういう国ではないですのね、ここは。





b0000787_18441735.jpgさておき写真一個のせます。一番気に入ったリージョンオブオナーという美術館です。
アメリカで一番美しい美術館と言われているらしいのですが…素敵です。
緑の丘の上にあって、海とゴールデンゲートブリッジが見渡せます。素敵です。
そして何より展示も…ナイスセレクションでした。
アメリカの美術館は静かすぎなくて好きです。

こっちにきてから一番の長旅だったです…ので、ここじゃ書ききらないので、そのうち気がむいたらちょっとずつここかコトミツのほうに書きますyo



みんな新生活、自分らしいままで、でも気分一新でがんばってください。
暑くなった頃に帰ります。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-04-01 18:56 |

catalina island

b0000787_1854146.jpgロスのちょっと南、ロングビーチから専用の船で1時間ほど行ったところに、カタリナ島という島があります。
春休みなのでちょっと足を伸ばして1泊ほど行ってきました。
ちょっとクロアチアを思い出すような、おっとりとしたいい島でした。
ハイソな感じのリゾートなのでアジア系のひとがほとんどいなかったんだけど、それでもみんな親切でした。晩ご飯を食べた店の注文取りのおばちゃんがチャイニーズで、アジア系同士のよしみかすごくよくしてくれました。
コーヒー屋で仲良くなったファンキーなおっちゃんには、この島に来るなんていいセレクトだね〜と言われました。なかなか日本からの観光客は来ないそうです。
のんびり散歩したりして、ひさびさにゆったりと楽しかったです。

そそそ、そうそう、カタリナに行く前、空港に寄ったらぐうぜん幹くんに会ったんです。ほんと偶然です。
どっかで見たことあるひとだなぁ… とおもったら!あれー ひさしぶり!!って。
そういえばそういえば春からいっしょです。私、正直オルモストフォガーットでした。



今日は朝めっちゃ早起きでした。半年間お世話になりまくった彼を空港まで送っていったんです。
早朝のドライブはかなり気持ちよかったです。アメリカは夕方の景色が最高とおもっていたけれど、朝もなかなかのもんでした。
今頃、もう日本に着いてるんだろうな。ほんと不思議な感じです。きのうそこにおったのに、もう日本にいるだなんて!
やっぱりいままでおるのがあたりまえやったけ、今は淋しいし不安です。
んでも私もあと残り3分の1!がんばるよー と気合いを入れ直してみたり…。

いままでほんとーにさんくす!帰ったらおいしいもんたくさん食べてね。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-03-21 18:32 |

LEGOLAND

おはようございます。といってももう昼…はぁ。最近微妙に夜型生活が続いてる気がします。
早くこのネバーエンディング課題抜け出せないかな。。。
いや、みんなのほうがずっと大変でがんばってるもんね。私もがんばるぞ!

でもほんと、体だけはダメにしないよう気をつけてください。
体が一番大事、というのは実証済みです。


最近週末しか更新できなくて、なんだかただの旅行記になりつつあるblog…
レゴランドの続き。

b0000787_585151.jpgb0000787_592045.jpgアメリカの名所をレゴで再現。
もうその細かさと完成度の高さにびっくりですyo!
特に自分が実際に行ったところはおおー、細かい!と感激もひとしおです。
チャイニーズシアター…かつてブラピさんに会った近くです♡
ブラピって離婚したの?それともただの別居??
少し前まで週刊誌の表紙はブラピばっかでした
b0000787_514041.jpg
ゴールデンゲートブリッジ…こんなんよくレゴでつくるよなぁ。。。
ところでこっちではめっちゃ頻繁にフルハウスの再放送がやってます。
ついつい観てしまいます。。。

b0000787_5201299.jpgb0000787_5204816.jpgLEGO洞窟探検ツアー。
なんか中で鍵を探すというものなんだけど、子供にまじって参加したのに結局ひとつも見つけられなかった(;-;)
ガイコツくんやワイルドウルフがいっぱいいました。もちろんallレゴ。
b0000787_522541.jpgあっちこっちにある、壁画はまじすごかったです。壁画は薄いレゴを縦に積み重ねて作ってるんです。
ほかにもツタンカーメンと置いてありました。すごいよレゴ職人!

b0000787_5301468.jpgb0000787_5303950.jpgレゴの美術館。
世界の名作をレゴで再現しとる。
こういうのに41色のレゴを駆使しとるんかな〜

他にも…

b0000787_5284810.jpgダースベイダー(もちろんレゴ)と対決できたり。
フォース使えなくても気分はルークです。あのひとかっこいいよね。
R2-D2(もちろんレゴ)も応援してます。
ところでスターウォーズの3作目は5月か6月にアメリカ公開だそうです。
1、2作目観てないけど…せっかくだからこっちで観てやろうかな、ともくろんでます。
b0000787_5391254.jpg
サッカー選手がおったり。
ごめん、詳しくないので誰かわかんなかったです…

まぁ、そんなこんなでいつの間にかまるまる1日過ごせてしまったレゴランドでした。
はしゃぎすぎて帰りの運転までテンションが続き、帰りはあっという間でした。


それにしてもレゴランド、子供だらけでした。
とゆうか、親子連れしかおらんかった。大人2人連れなんて、ほんとにまったく一組もいなかった!
カップルすらおらんかったのです。

しかも親も私たちと同じくらいの年齢だったりするので、列に並んでたりすると
“あれ?あなたたちの子供は?”みたいな目で見られます。
まさか大人2人連れとは思わないんですかね?もうそんな年齢…かぁ…。視線がたくさん刺さりました。子供からも。
…うーん、もしも次回来ることが会ったなら、そのときは必ず子供をこさえてからにしようとおもった。


そして、ここは子供のための配慮がすごくよく行き届いてて、そこが一番のレゴの魅力なのかな、と思いました。
実際子供はレゴランドのどんな小さな仕掛けでもよろこんでて、私の気づかないようなレゴの魅力でも楽しんでました。
私はもういい大人になってしまったからなぁ。レゴすごいなぁ〜以上の楽しみをたくさん発見できる子供をうらやましく思いました。

でも一番すごいのは、子供の目線を忘れずにいる、レゴランドを作った人たちだなー
私も彼らみたいに、子供のようなもっと素直な感覚を思い出せたらな、と思いました。
とにかく素敵なところだったです。


b0000787_5402378.jpg
もちろんシュワちゃんもいました。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-02-07 06:02 |


カテゴリ
以前の記事
リンクたち
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧