just do it☆dohyo


最近頻繁にくまができるように…
by kotomitsuko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅( 28 )

サンディエゴ3日目

3日目は、朝から渋滞のフリーウェイにのって出かけました!
ずっと行ってみたかったあの場所にー!!
b0000787_16201593.jpg
じゃーん

LEGOLAND CARIFORNIA!!

世界にたった3ヶ所しかないレゴランドのひとつ、レゴランドカリフォルニアはサンディエゴのちょっと北にあります。
全てがレゴでした。

b0000787_16253888.jpgb0000787_16251237.jpgもう入ったらいきなりレゴでした。
おっきいゾウやキリンが迎えてくれます。
もちろん全部レゴでつくってあります。

b0000787_1628699.jpgb0000787_1628534.jpgトイレもレゴ。
かわいい。


このトイレで、自分がモーテルにベルトを忘れてきたことに気づく。


b0000787_1633860.jpgまた、もちろんレゴの迫力もすごいんだけど、なんつーかそのセンスに夢中です。


なぜかケータイで姫と連絡を取る王子。

b0000787_16365553.jpg
このペンギンの親子はかわいすぎる。。。


b0000787_16385324.jpg
あっちこっちにレゴでできた人がうろうろしてるのがまたわくわく感を盛り上げるのです。
釣りの後ついついベンチで寝てしまったおいちゃんと。
ラブラブ。
靴下のバランスが素敵すぎです。


b0000787_1647453.jpgレゴ工場の見学もできるんです。

工場のとなりには好きなレゴを選べるレゴショップが…
ちょっとレアなかたちや色のレゴなどをゲットしました。イエーイ

b0000787_1763277.jpgb0000787_171744100.jpgレゴのできる過程を見れます。

レゴの色の種類は全部で41色、
形は1964種類もあるそうです。(レゴまめ知識)
そんなにあるとは知らなんだ!
ここでレゴの人形に顔を描くゲームに成功して、レゴランドオリジナルレゴをもらう。イエーイ


…まだ見所いっぱいあったんですけど、ちょっと疲れたので次回につづきます。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-02-06 17:10 |

San Diego 2日目

集合が朝早いんです。はぁ。
サンディエゴは一方通行の道が多すぎてしかも工事中で通行止めだったりして、めっちゃ余裕もって出発したつもりが遅刻してしまった。。。が着いたらまだみんな来てなかった。
そういうことはよくある。

b0000787_912272.jpg最初に行ったのはBalboa Parkという総合公園。
ここはどこの国だったっけ??というほどエキゾチックな雰囲気にあふれた建物と庭たち…

b0000787_9142185.jpgサンディエゴは昔スペインに統治されていたことがあって、さらにメキシコの国境にも近い、ということでこんなスパニッシュな建築が多くあるんです。
でもそこに南カリフォルニア特有のこの空とヤシの木が組み合わさって、これがサンディエゴ〜、ってな雰囲気を作り出してます。
素敵です。

Balboa Parkは一日あっても足りないくらいなんだけど、授業の関係で午前中しか見れなくて残念。。
午後はランドスケープ事務所の見学ということだったので、事務所の近くのリトルイタリーというイタリア街でお昼を食べました。
ロサンゼルスにあるリトルトーキョーはこれといってたいしたことのない街なんだけど、リトルイタリーはちゃんとしてました。
てかリトルジャパンじゃなくてトーキョーなのはなんでだろ?愛知より名古屋のほうが有名とか、そんなノリなんかな??

事務所はごはん後ということもあってねむたくて、英語が子守唄になってしまって辛かったです。そして授業はここでオワリ、解散〜

…ということだったんだけどせっかくがんばって運転してきたんだし、ということで、もうちょっとまわってから帰ることにしました。

先生に、南に行ってはだめだよ、いつのまにかメキシコに入ってしまうから。とアドバイスされました。あわわ…

b0000787_925747.jpg昨日行ったUCSDのあたり、La jolla(ラ・ホヤ)にある、カーンのJonas Salk Instituteです。
b0000787_9292456.jpg
これは、なんか強いなー、なんだか中にいたら怖いくらいでした。
私建築の感想とかうまく言えないんです。せっかく見たのにつまらん感想でごめんね。


それにしてもロケーションもずるいと思いました。だってこの向こうは海なんです。それもきれいなビーチとかでなくて荒々しい海だよ。。落ち着く、という人もいるけど私には迫力でした。


b0000787_9334412.jpg次はそのままLa jollaの海岸に向かいました。
ヤシと海と空がこれでもか!ってくらいカリフォルニアをアピールしまくってます。
La jollaは多くの芸術家に愛された街らしいです。海と、海岸線が素敵で、豊かな自然に囲まれたのんびりした街です。

b0000787_9352542.jpg明け方と夕方は全てを美しく見せる魔法の時間だとPhotographyの先生がおっしゃってました。お母さんの写真を撮るときは夕方に撮りなさい、と。

夕方の海は最強です。
b0000787_9393885.jpg
貝拾いをしました。洞窟みたいのもありました。このあたりはたまにクジラも見れるし、アザラシだっているんです。
ビバ自然。
でもアザラシに近づきすぎてはダメ。
b0000787_944226.jpg
なんかフォトジェニックなカモメもいました。

はろー。


そして車でサンディエゴ湾の向こう側、コロナドに渡りました。
海の上を細い橋のように続く長いフリーウェイがマジでこわい!車線が細すぎなんだよ!
めっちゃ眺めがキレイだったらしいんですが、運転してた私は景色眺めるどころではなかったです。。

なんだかハンドルを持つのに必死で前しか見れない私→b0000787_14263466.jpg


b0000787_9544958.jpgホテル・デル・コロナド。アメリカ歴代の大統領が何人も泊まった、世界中の政治家やロイヤルファミリーが泊まった、モンローの映画の舞台にもなった、国の史跡にも指定されてる、そんな高級ホテルです。1920〜30年代のハリウッドスターはこぞってこのリゾートで過ごしたという…
b0000787_10006.jpg
宿泊料金は一番安い部屋で、私たちの泊まっているモーテルの10倍でした…
明らかに浮いていたけど中もうろつきました。
年季のはいった手動のエレベーターに乗ると、エレベーターボーイのお兄ちゃんに、サンディエゴに観光にきたんでしょー?アイ ノーウ〜と言われてしまう。
そして彼はこのホテルの写真ポイントを教えてくれました。

b0000787_1053182.jpg
感動的だったのがこのイス。やわらかすぎ、沈みすぎです。
あっちこっちに高級そうなイスがあったのでかたっぱしからすわってみました。
いい気分です。
b0000787_1071531.jpg
いつかはこんなホテル泊まってみたいものです…
オペラ座の怪人を思い出させるようなシャンデリアでした。

そしてまたあの怖いフリーウェイを渡ってダウンタウンに戻りました。
今度は夜景がきれいだったらしいけど私は道路しか見れませんでした(;-;)


b0000787_1010498.jpgダウンタウン(ガスランプクオーターという19世紀末に栄えた通りがある)もスパニッシュな建物が多くて、夜はさらにライトアップ。多くの人であふれてて活気がありました。
はぁ〜 サンディエゴ、ほんと素敵です。こんな素敵なところだなんて知らなかった。。。


そしてモーテルに戻る。サンディエゴの道はほんとわかりにくいんだけど、
もう道をまちがえてもすっかりあわてなくなりました。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-31 09:45 |

San Diego

フィールドトリップでサンディエゴに行ってきました。
サンディエゴはそれはそれは素敵なところでした。一発でサンディエゴファンになってしまいました。
そして授業ということを忘れさせられるいきおいでした。

サンディエゴはロサンゼルスから車で2、3時間南に行ったところにあります。12時集合で9時出発。
行く途中は日本で買ったインジャパンのアルバムの、カリフォルニアのサンディエゴの曲がずーーーと頭から消えなかったです。

b0000787_6341766.jpg初めての長距離ドライブだったのだけど、ほとんど迷子にならずに到着できました。

最初に行ったのが、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)。サンディエゴの郊外、La jollaという自然たっぷりなところにある巨大な大学でした。

授業なので建物やランドスケープについてのレクチャーを受けるんですが、ただただその施設たちの大きさとかっこよさにおどろくばかりです。アリゾナで寄ったフェニックスの大学もすごかったけど…
州立大学とちがってお金があるらしく、ほんとえらい豪華だったです。こんなところでキャンパスライフを送ってみたかった。

次はサンディエゴダウンタウンに向かいました。
ホートンプラザという、大きなショッピングモールにです。

b0000787_640299.jpgてかこれどっかでみたことある雰囲気…
キャナルじゃん!

それもそのはず。先生の話によるとどうも同じ建築家デザインらしいです。
しかしここは20年以上昔につくられたものらしい。それはえらい。。


そのあとダウンタウンを海へ向かって歩きます。
クラスメートとサンディエゴについて話す。サンディエゴはメキシカン・スパニッシュ文化がいろいろと混じってるところ、海と都市のコンビネーションが特徴的なところが魅力的だということ。
英語うまくなったね〜とほめてくれてなんだかうれしい気分になりました。えへー

b0000787_650734.jpg次に見たのがピーターウォーカーの、チルドレンズパーク。
なんか昼間は暑かったのに夕方すぎたら寒くなってから、このときはこんなシャワー出まくりの公園から早く帰りたかったです。
別にピーターウォーカーが嫌いなわけじゃありません。むしろどっちかというと好きなんだけどここはこれといった感動はなかったです。てか寒かった。

この日はこれで解散だったので、海辺のシーフードの店に行ったんだけど、そこは場所はよかったけどごはんはまぁまぁで、
てかアメリカン料理で、これマジおいしいね!!!ってこといままでなかったよな〜と思い出してみた。
こっちにきてから、おいしいごちそうといえばアジアン料理です。

次の日の朝の集合が早かったので夜遊びもせずモーテルに戻りました。テレビではサウスパークがやってて、アリゾナといっしょやん!と思いながら、見ながら寝てしまいました。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-31 07:10 |

arizona2日目

2日目は朝からナショナルパークへ。
一面でっかいサボテンだらけ!想像以上のサボテンたちでした。
b0000787_1640249.jpgb0000787_1641180.jpg




このかんむりみたいなやつはお気に入り。
b0000787_16414026.jpg
サボテンがずーーと遠くまで広がってるんです。
俺に触れると怪我するぜ…実際3回くらいささりました。
毒があるのもあるらしく要注意です。
サボテンは育つのにすごく時間がかかって、腕を一本生やすのに何年もかかるらしいです。
(二瓶くんまめちしき)

だから、腕が何本もあるやつは、けっこう古サボテンなんです。
そして体の90%以上が水分でできてるから、サボテンの中の穴に住む鳥なんかは、夏すずしくて冬あったかくて快適生活ができるようです。

あと、死んだサボテンから色素が採れて、それが布をきれいな赤色に染めるとか…
あと密なんかもとれて、すごく甘いです。サボテンキャンディを試したら、めっちゃ甘かった!

b0000787_1652493.jpgインディアンの壁画なども見れました。
こうゆうのは何度みてもわくわくものです。世界不思議発見ですね。


ここでニューヨークから来たというドイツ人の旅行者と会いました。
彼女が日本人らしく、オツカレサマデス、というとてもユースフルな日本語を知っていました。
こういうときになにかドイツ語で言えたらいいんだけど…。
アメリカに来てから第2外国語を真剣にすれば良かった!と思うことが何度もあります。


ナショナルパークのあとは、ツーソンのさらに南の、トゥームストーンという街に向かいました。
とちゅう道がわからなくなって近くの骨董品の店に入ったら、店の店主がインディアンで、親切に道を何度も教えてくれました。
笑顔でhave a nice trip! と。素敵です。

道のりは意外に遠く、砂漠と岩ばかりでこれまた何もない風景が続く。
あー、この向こうはメキシコなんだなぁ…未知の国。

…それにしても遠い。道を間違えたんじゃないか…と不安になってきた頃、やっと到着。
トゥームストーンは西部劇の街そのもの、な街です。

b0000787_17101274.jpgb0000787_17103318.jpgこれ、テーマパークじゃないんよ!


映画でしか見たことないカウボーイ。
そしてここにはOK牧場(OK corral)があるんです。
二瓶くんはどこからこんなん見つけてくるんやろ、ってくらいナイスな選球眼で旅行計画を立ててます。
OK牧場ではガンファイトを見せてくれるのです。

その前に近所のOKcafeという店で、バッファローバーガーなるものを食べました。
感想は…牛とあんましかわらない。

b0000787_17201490.gif

ガンファイトは…びびった!
うまれて初めて本物の銃を見ました。
アメリカーン…

このあとツーソンに戻り、昨日と同じモーテルへ。

ところで、カリフォルニアにはアジア人がいくらかはいるのですが、
アリゾナや他の州にはあんましいないようです。
この日の晩ご飯は中華の店だったけど、ここでさえアジア人は私たちだけでした。
カリフォルニアでアジア系の店に行くと、周りはアジア人ばかりなのに!

モーテルではサウスパークを見てたらいつのまにか寝てしまいました。
アメリカを感じまくった一日。
[PR]
by kotomitsuko | 2004-12-26 16:44 |

arizona1日め

アリゾナのイメージといえば砂漠とサボテン。
行ってみてどうだったかというと、イメージそのまま。


だけど実際に本物を目の前にすると、これは夢?と思えるくらい!
カリフォルニア以上にアメリカを感じる旅になりました。


b0000787_10552914.gifアリゾナまではとにかくロングドライブでしたが、天気が良かったのがほんとにラッキーでした。
フェニックスまでドライブすること5時間、道はまっすぐだし景色はサイコーだし、
一本道だからナビる必要もなしだし(ごめんよ!)




b0000787_1111059.jpgフェニックスではライトの建築学校(taliesin west)を見に行きました。

フランクロイドライト通りなんて道まであります。


taliesin westは感激のひとこと。
とけ込むってこういうことか〜、と。
b0000787_223977.jpg

b0000787_22511786.jpg


b0000787_22375632.jpg
無言の時間を過ごしました。


b0000787_2253493.jpg

しゃぼてん。



b0000787_22402759.jpg

ライトさん。




その後フェニックスのさらに南、ツーソンという町に向かいました。
メキシコにかなり近づいてます。

アリゾナは夕焼け美しすぎるのですが、日が暮れるとまっくらで何も見えない!
1時間以上なーんも見えない道を走りやっとツーソンに到着。

その夜は街はずれのモーテル泊。
安いとこを探して何件か回りさらにマイルをかせいだのですが、結局一番最初のホテルが一番安かった。
再度戻りチェックインしようとすると、受付のお姉ちゃんに I knew it! と笑われる。
一番安いと知ってるなら最初から教えてほしい…

その夜はモーテルでビールを飲むも、全部飲めずに、いつのまにか寝てしまいました。

つづく
[PR]
by kotomitsuko | 2004-12-25 11:12 |

アリゾナの旅

3日間アリゾナに行ってきました。

どんな旅だったかひとことで言うと、二瓶くんが1265マイル(約2024km)をドライブをしたというのに尽きます。3日間。ひとりで。何もない砂漠のまっすぐな道やぼこぼこの山道も。
…これは感動ものです。私は何もかわってあげられずでした。
免許の試験落ちてほんとにごめんよ。

そしてアリゾナはどうだったかというと、ほんとうーーーにいいところでした。
大好きになりました。ラブ。
そしていい旅でした。
ありがとう、二瓶くん。



カメラを車に忘れてきたので、詳しくはまた明日!
[PR]
by kotomitsuko | 2004-12-24 16:22 |

home alone

2日ほど前からルームメイトたちはみんな里帰りや旅行で、
広い家にひとりきりというホームアローン状態。

淋しすぎ…とゆうか夜が怖すぎるので友人の家に泊まってたのですが、
帰ってみると、あれ?ツリーが元気ない!

そうです、本物のツリーは水をやらないといけなかったんです。
そりゃそうだ。
あわてて水あげたんですが、回復するかな…。
明日から旅行なのでツリーにとってはさらに過酷な留守番です。

そう、旅行に行きます…!やったー!!!
行き先は、アリゾナ。
砂漠はバレーオブファイヤで懲りたはずなのに、今度はアリゾナに。
アリゾナにはライトの建築がいくつかあるんです。
砂漠の建築…はぁ、未知の世界…



横のリンクで気づいてた人もいると思いますが、旅写真ホームページがあるんです、実は。
暇つぶしや気晴らしにみてみてくらさい(o^v^o)

こっちの友達のための日本紹介にしようとおもったのに、観光写真が少なくて愕然でした。
でも、これ見たともだちに、日本行きたくなった!ってゆってもらいました。エヘ
まだ最近の写真をぜんぜんのっけてないんだけど。。。がんばって更新します!


ではでは。
[PR]
by kotomitsuko | 2004-12-21 16:13 |

日記さぼってたわけではありません…

6日から昨日(9日)まで環境のみんなと京都+奈良+大阪に行ってきました。

マキ&ゆいと嵐山というユニットを組んだり、ピンバッチを引き当てるマキの恐ろしいほどの幸運を見せてもらったり
桂離宮観たり、写経をしたり、奈良まではるばる行ったのに飲んだだけだったり
ほんともう楽しすぎるってくらい楽しい旅行でした。

そして、今回の旅行は、私にとってはみんなとのお別れ旅行ともいえるものだったので
楽しい反面その楽しさがこれ限りかと思うととても淋しくなりました。
入学して3年半、ずっと一緒だったひとたちだし。

4日目は体調の悪さや疲れに加えみんなとのお別れのしすぎというのが加わって、ほんとにダウンしてしまいそうなくらいふらふらして正直かなりきつかった。みんな心配かけてごめん!

でも、ほんと「これが幸せってこと!?」というくらい楽しかった!
またいつかみんなといっしょにどこか行ったりしたいなー

b0000787_22402022.jpgb0000787_22403455.jpgb0000787_22405256.jpgb0000787_22411362.jpgb0000787_2241288.jpg
[PR]
by kotomitsuko | 2004-09-10 23:00 |


カテゴリ
以前の記事
リンクたち
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧