just do it☆dohyo


最近頻繁にくまができるように…
by kotomitsuko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

San Diego 2日目

集合が朝早いんです。はぁ。
サンディエゴは一方通行の道が多すぎてしかも工事中で通行止めだったりして、めっちゃ余裕もって出発したつもりが遅刻してしまった。。。が着いたらまだみんな来てなかった。
そういうことはよくある。

b0000787_912272.jpg最初に行ったのはBalboa Parkという総合公園。
ここはどこの国だったっけ??というほどエキゾチックな雰囲気にあふれた建物と庭たち…

b0000787_9142185.jpgサンディエゴは昔スペインに統治されていたことがあって、さらにメキシコの国境にも近い、ということでこんなスパニッシュな建築が多くあるんです。
でもそこに南カリフォルニア特有のこの空とヤシの木が組み合わさって、これがサンディエゴ〜、ってな雰囲気を作り出してます。
素敵です。

Balboa Parkは一日あっても足りないくらいなんだけど、授業の関係で午前中しか見れなくて残念。。
午後はランドスケープ事務所の見学ということだったので、事務所の近くのリトルイタリーというイタリア街でお昼を食べました。
ロサンゼルスにあるリトルトーキョーはこれといってたいしたことのない街なんだけど、リトルイタリーはちゃんとしてました。
てかリトルジャパンじゃなくてトーキョーなのはなんでだろ?愛知より名古屋のほうが有名とか、そんなノリなんかな??

事務所はごはん後ということもあってねむたくて、英語が子守唄になってしまって辛かったです。そして授業はここでオワリ、解散〜

…ということだったんだけどせっかくがんばって運転してきたんだし、ということで、もうちょっとまわってから帰ることにしました。

先生に、南に行ってはだめだよ、いつのまにかメキシコに入ってしまうから。とアドバイスされました。あわわ…

b0000787_925747.jpg昨日行ったUCSDのあたり、La jolla(ラ・ホヤ)にある、カーンのJonas Salk Instituteです。
b0000787_9292456.jpg
これは、なんか強いなー、なんだか中にいたら怖いくらいでした。
私建築の感想とかうまく言えないんです。せっかく見たのにつまらん感想でごめんね。


それにしてもロケーションもずるいと思いました。だってこの向こうは海なんです。それもきれいなビーチとかでなくて荒々しい海だよ。。落ち着く、という人もいるけど私には迫力でした。


b0000787_9334412.jpg次はそのままLa jollaの海岸に向かいました。
ヤシと海と空がこれでもか!ってくらいカリフォルニアをアピールしまくってます。
La jollaは多くの芸術家に愛された街らしいです。海と、海岸線が素敵で、豊かな自然に囲まれたのんびりした街です。

b0000787_9352542.jpg明け方と夕方は全てを美しく見せる魔法の時間だとPhotographyの先生がおっしゃってました。お母さんの写真を撮るときは夕方に撮りなさい、と。

夕方の海は最強です。
b0000787_9393885.jpg
貝拾いをしました。洞窟みたいのもありました。このあたりはたまにクジラも見れるし、アザラシだっているんです。
ビバ自然。
でもアザラシに近づきすぎてはダメ。
b0000787_944226.jpg
なんかフォトジェニックなカモメもいました。

はろー。


そして車でサンディエゴ湾の向こう側、コロナドに渡りました。
海の上を細い橋のように続く長いフリーウェイがマジでこわい!車線が細すぎなんだよ!
めっちゃ眺めがキレイだったらしいんですが、運転してた私は景色眺めるどころではなかったです。。

なんだかハンドルを持つのに必死で前しか見れない私→b0000787_14263466.jpg


b0000787_9544958.jpgホテル・デル・コロナド。アメリカ歴代の大統領が何人も泊まった、世界中の政治家やロイヤルファミリーが泊まった、モンローの映画の舞台にもなった、国の史跡にも指定されてる、そんな高級ホテルです。1920〜30年代のハリウッドスターはこぞってこのリゾートで過ごしたという…
b0000787_10006.jpg
宿泊料金は一番安い部屋で、私たちの泊まっているモーテルの10倍でした…
明らかに浮いていたけど中もうろつきました。
年季のはいった手動のエレベーターに乗ると、エレベーターボーイのお兄ちゃんに、サンディエゴに観光にきたんでしょー?アイ ノーウ〜と言われてしまう。
そして彼はこのホテルの写真ポイントを教えてくれました。

b0000787_1053182.jpg
感動的だったのがこのイス。やわらかすぎ、沈みすぎです。
あっちこっちに高級そうなイスがあったのでかたっぱしからすわってみました。
いい気分です。
b0000787_1071531.jpg
いつかはこんなホテル泊まってみたいものです…
オペラ座の怪人を思い出させるようなシャンデリアでした。

そしてまたあの怖いフリーウェイを渡ってダウンタウンに戻りました。
今度は夜景がきれいだったらしいけど私は道路しか見れませんでした(;-;)


b0000787_1010498.jpgダウンタウン(ガスランプクオーターという19世紀末に栄えた通りがある)もスパニッシュな建物が多くて、夜はさらにライトアップ。多くの人であふれてて活気がありました。
はぁ〜 サンディエゴ、ほんと素敵です。こんな素敵なところだなんて知らなかった。。。


そしてモーテルに戻る。サンディエゴの道はほんとわかりにくいんだけど、
もう道をまちがえてもすっかりあわてなくなりました。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-31 09:45 |

San Diego

フィールドトリップでサンディエゴに行ってきました。
サンディエゴはそれはそれは素敵なところでした。一発でサンディエゴファンになってしまいました。
そして授業ということを忘れさせられるいきおいでした。

サンディエゴはロサンゼルスから車で2、3時間南に行ったところにあります。12時集合で9時出発。
行く途中は日本で買ったインジャパンのアルバムの、カリフォルニアのサンディエゴの曲がずーーーと頭から消えなかったです。

b0000787_6341766.jpg初めての長距離ドライブだったのだけど、ほとんど迷子にならずに到着できました。

最初に行ったのが、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)。サンディエゴの郊外、La jollaという自然たっぷりなところにある巨大な大学でした。

授業なので建物やランドスケープについてのレクチャーを受けるんですが、ただただその施設たちの大きさとかっこよさにおどろくばかりです。アリゾナで寄ったフェニックスの大学もすごかったけど…
州立大学とちがってお金があるらしく、ほんとえらい豪華だったです。こんなところでキャンパスライフを送ってみたかった。

次はサンディエゴダウンタウンに向かいました。
ホートンプラザという、大きなショッピングモールにです。

b0000787_640299.jpgてかこれどっかでみたことある雰囲気…
キャナルじゃん!

それもそのはず。先生の話によるとどうも同じ建築家デザインらしいです。
しかしここは20年以上昔につくられたものらしい。それはえらい。。


そのあとダウンタウンを海へ向かって歩きます。
クラスメートとサンディエゴについて話す。サンディエゴはメキシカン・スパニッシュ文化がいろいろと混じってるところ、海と都市のコンビネーションが特徴的なところが魅力的だということ。
英語うまくなったね〜とほめてくれてなんだかうれしい気分になりました。えへー

b0000787_650734.jpg次に見たのがピーターウォーカーの、チルドレンズパーク。
なんか昼間は暑かったのに夕方すぎたら寒くなってから、このときはこんなシャワー出まくりの公園から早く帰りたかったです。
別にピーターウォーカーが嫌いなわけじゃありません。むしろどっちかというと好きなんだけどここはこれといった感動はなかったです。てか寒かった。

この日はこれで解散だったので、海辺のシーフードの店に行ったんだけど、そこは場所はよかったけどごはんはまぁまぁで、
てかアメリカン料理で、これマジおいしいね!!!ってこといままでなかったよな〜と思い出してみた。
こっちにきてから、おいしいごちそうといえばアジアン料理です。

次の日の朝の集合が早かったので夜遊びもせずモーテルに戻りました。テレビではサウスパークがやってて、アリゾナといっしょやん!と思いながら、見ながら寝てしまいました。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-31 07:10 |

I♡kiichi

b0000787_19152920.gifiPod熱は冷めやらず。

iPodはえらい。
iPodはほんとうにえらいのです。


昨日あたしのiBook(名はヨーチ)が突然起動しなくなりました。
リンゴマークが出たところで止まってしまって、HDを読んでくれないのです。
何度チャレンジしても起動しない…

やべー!パニックです。これはやばい。。。
なぜならヨーチの中にはまだバックアップしてないやりかけの課題が入っていたのです。
今さらやり直しなんてできないし、間に合わない。
本当にどうしよう…


私はほとんどないmacに関する知識を総動員です。焦りながらも頭フル回転です。
firstaidを試してもダメ…こういうときはOSの再インストールしかないのかな…
でも、それじゃあ課題、消えてしまいます。
本当に本当に、どうしよう………


ところがどっこい、myiPod(名はキーチ)のおかげさまで課題が無事救出できたのです!

キーチ(iPod)をつないだままインストーラを立ち上げたところ、インストール先HDの欄にキーチが登場!私はヨーチ(iBook)ではなくキーチ(iPod)にOSをインストールしました。
次にキーチ(iPod)からOSを起動したのです。
すると…ヨーチ(iBook)のHDが、まるで外付けHDのようにそこに登場したではありませんか!

私はヨーチ(iBook)のHDを開きました。
すると、例のやりかけの課題がそこにあったのです。
ああ、課題よ、おまえと再び逢えるなんて…。感動の再会です。

私はあわててその課題をキーチ(iPod)にバックアップしました。…はぁ、一安心。。。
他にも写真やらなんやら未バックアップのファイルをキーチ(iPod)にバックアップしてから、ヨーチ(iBook)にOSを再インストールしなおして、無事事なきを得ました。

iPodの容量がでかいことと、キーチ(iPod)とヨーチ(iBook)が仲が良く、ナイス連携プレーができたことが勝因だったと思います。
おっきな容量(実は私のiBookの2倍)を小さな体に備えてるiPod。
アップルユーザーにはなおさらユースフルなiPod。
生活を楽しくしてくれるだけじゃなくて、こんなに頼れる奴だったのね♡
これからも頼みます、キーチ♡


iPod 小さなからだで たのもしい
バックアップは こまめにしよう
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-26 19:04 | 言いたいだけ

ゲッティさん

血圧はともかくとして体の調子もだいぶ回復しました。
いつも2枚食べてたホットケーキが1枚半しか食べられなくなっていたので、
回復度75%ってとこでしょうか。。。

金曜日は友達の誕生日パーティーでした。イタリアンの店なのにBBQピザを頼んでしまった自分…
主役の子はハタチになったところ。ううーん、こないだまで10代とは若い…私の成人式ってもうだいぶ前のような気がするもんな
と思うあたり自分も歳とったのだなぁ。
タイ出身のその子は、きれいにお化粧しておしゃれして、めっっっちゃかわいかったです。女子心は忘れないことが大切ですね。


今日は午後から思い立ったかのように行って来ました。ロサンゼルスのちょっと向こう、ゲッティセンターに。
b0000787_16331834.jpg
じゃーん

ゲッティセンターというのは、ポール・ゲッティという大富豪のひとがコレクションをした美術品を展示してある美術館です。なんと無料。

getty museum
ウエストウッドの向こうの丘のうえにあります。専用のトラムに乗って丘の上まで連れてってもらいます。
建物もランドスケープも見所なんですけど(リチャード・メイヤー設計)、なんだか美術館というよりも公園のような雰囲気が、のんびりと過ごせるかんじです。よかったです。


b0000787_1648878.jpgb0000787_16491259.jpg
b0000787_16493839.jpgb0000787_1650913.jpg
もちろん展示品も素敵でした。多すぎて全部回れなかったんですが、気に入ったものの一部…

①熊と犬のブロンズ、この組み合わせ素敵です。
②このツボ(昔のイタリアの薬ツボらしい)の動物、なんか気になって気になってしかたが無くて、帰りにミュージアムショップでこの動物をかたどった模様のポーチを買ってしまいました。
③モネやセザンヌ、ゴーギャンなどどっかでみたことある絵画もたくさんです。この絵はなんか特にピュアでいい感じです。
④家具もそうとうたくさんあるんです。中でもこのベッドステキすぎ。こんなベッドで寝たいよ。


ところで気づいたのが、日曜ということもあってか子供がたくさん遊んでいるということ。
b0000787_171513.jpg
こうやって絵画の説明を子供に聞かせていたり。
ボランティアのおばちゃんが、この絵何してるように見えるー?と子供に聞いたところ、
ある子供が「love!」と答えていたのが大変印象的でした。
b0000787_1744261.jpgb0000787_17595.jpg
b0000787_176919.jpg体験コーナーみたいのもあって、この美術館の美術作品を実際に体験したりできるんです。
触ったり、らくがきしたり、壊してつくりなおしたり。
子供いっぱい。このコーナーでは子供まみれです。
b0000787_175421.jpg美術館ってあまり子供を連れて来れないイメージ
子供泣いたりするし、騒いだりするし
子供自身もきっと、美術館ってしーんとしてる中でもくもくとしてるなんて、何が楽しいかわからないんじゃないだろうかと思うんだろうけど、ここは違いました。
親も子供も楽しめて、休日に親子連れで来るのにぴったり。
子供が美術に触れる機会が与えられてるっての、すごくいいことだなと思った。
b0000787_17195687.jpgb0000787_17211790.jpg
                            混じってみた。


この美術館、有名な建築がどうのとかは別に期待してたほどではなかったんだけど、
このちょこっと美術館ぽくないふんいきがすごくよかったです。これもデザインの成せる技だとしたらやはり建築やランドスケープってすごいです。
丘の上ってのがまた良い。ロサンゼルスまで一望です。

b0000787_17274387.jpgこのグラデーション、素敵やろ?
かすみがかかってて、山のてっぺんだけ見えてます。
b0000787_1731184.jpg
うーん、なんで無料なんだろう?こんなよかとこなら、お金ぜんぜん払っていいのに…
また今日みたいに、思い立ったときにぶらりと行ってみようかね。





ありがとう、ゲッティーさん。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-24 17:36 | あそぶ

葉月ちゃん

いま自動車の試験から帰ってきてほっと一息で、
時間があいたからひさしぶりにblogに手を出してみたり。
やっと車の免許が取れたんです。ひとあんしんだよ。
今日の試験官は、なんか黒人のアクセサリーじゃらじゃらにサングラスのねーちゃんで、
かなり威圧的でキツかった。
でも結果オーライですね。受かってなにより。

なんか見てるかぎり、みんな梗概出せたみたいでよかった!
ひとまず、おつかれさま!

風邪でご心配をおかけしました。
風邪自体は先週回復したんだけど、アメリカの強力な薬のせいで胃がダメになってしまったらしくて
そのせいで吐き気がずーーーっと回復しませんでした。やっぱり強すぎる薬はだめなんだね、と思いました。

ところで。
昨日母上からメールが来てて、
なんかいつもより長いな、と思いながら読むと、うちの実家の犬が死んでしまったというメールでした。

今年で13歳、老衰だったそうです。
どこかで覚悟していたようで、でも読んだ瞬間息が うっ てなるくらいショックやったです。
私が小3のときに子犬でうちにやってきて、一緒に育った奴だったから
13年間って、私の人生の半分よりも長い間だな、と思ったり。
いろいろ思い出もあるけど今はあまり思い出したくないな、と思ったり。
でも眠るように亡くなった、って言ってたから、きっと苦しまなかったんだろうな。よかった。

飼い犬が死んでしまっていちばん思うのは、私はいい飼い主だったんかな?ってことです。
でもほんとに大好きやった。バカだけどそこがかわいい奴だったー


昨日家族でお見送りをしたらしくて、
でも私は会えなかったのがとても後悔で、悲すぎ。
まさかアメリカにおるときに死んでしまうなんて、ばか!私が帰るのをお迎えして欲しかったよ
もう一回会いたかったー…。
でも友達が、きっと彼女はアメリカまで来てくれてるよ、って言ってくれて
それがすごくうれしかった。うう、なみだ出ちゃいました。

帰ったらいちばんにお墓参りに行くから、たまにはアメリカまで遊びにやってきてよ。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-22 10:03 | 言いたいだけ

かぜ日記

アメリカ産風邪薬の登場で一段落ついたかのように見えた風邪ですが
思った以上にしつこかったんです。
風邪ウイルスもアメリカ仕様なんでしょうか?

ついに病院の世話になってしまいました。迷惑なことに夜中に連れてってもらいました。ごめんなさい。
夜のフリーウェイで病院へと運ばれる自分。ああ、今あたし、いかにも病人って感じなんだろうな…とか考える。
体のキツさにたいして頭は冷静です。


病院では何時間も待たされました。
1時間おきくらいに違うナースや先生がやってきて
ちょこっと診察してはまた去って行きます。
なんども自分の名前と症状を説明。もう暗記できるくらい。
しかも待たされすぎて、その間に苦しみの山も過ぎ去ったり。

深夜の病院は家族連れや赤ちゃんが多かったです。
となりの病室では赤ちゃん大泣き。
ああ、赤ちゃんもがんばってるんやし、あたしもがんばらな…
いっしょにがんばろうぜ、赤ちゃん
でもあたしもちょっと泣きたい…いいなぁ赤ちゃんは大泣きできるしお母さんがそばにおるし…
いやいやあたしはもう大人なんだからお母さんはガマンせな
あたしには優しい友達がいるじゃん…
こんな時間まで付き合わせてほんとごめん。ありがとう。
ああー、帰りたくなってきた…(日本に)


てなことを延々と考えてました。数時間。
診察が終わって家に帰るとなんともう朝の6時でした。
アメリカの救急ってまったく救急じゃないじゃん!とか思いつつ…


アメリカの看護婦さんはなんだか保母さんみたいでした。
いま何がいちばん辛い?って聞かれて、考えたら、気持ち悪くてごはんが食べれないことだって思いました。
吐き気って全ての症状の中で一番辛いんじゃないかとおもった。
だってトイレとお友達にならないけんのよ!

はやくおいしいごはんが食べられるようになりたいです。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-14 11:14 | 言いたいだけ

アメリカの薬

朝6時頃に自分のセキで目が覚める。
体中アセでぐっしょり。起きようとするとあれ?
ぐらっとなってベットから落ちそうになる。

なんだか目の裏側が恐ろしく痛い。
動けない…助けを呼ぶエネルギーもない。
これはやばい…


10時を過ぎた頃同室の子が異変に気づく。
熱を測ると38℃越え。瀕死。
日本だったら間違いなく即行で病院というところなんだけど
今日は日曜日というのと
アメリカの病院は長く待たされるというのと
医療費がそうとう高額という話を聞かされたのとあって、薬を飲んで様子を見ることに。

二瓶くんにすごくよく効くというアメリカ産のくすりをもらう。普通に薬局に売ってるような薬。
飲み込むにも一苦労だったけどなんとか飲むと、すぐ眠くなった。
日本から持ってきた薬はこの1週間さんざん飲んでたけどぜんぜん効果無くて
アメリカ産といってもそのへんで買えるような薬が、38℃越えの瀕死の重症に効くのか…?


と思ってたら、効果絶大でした。
目が覚めたら頭のくらくらがなくなってて、熱も37℃台におさまる。
半日ほど寝て、もう一回飲んだら、ノドの痛みこそあるものの朝とは比べ物にならないほどに回復。
日本だったら病院に行ったってこんなに劇的な回復はなかなか見られないというのに、
恐るべし、アメリカの薬…
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-10 12:22 | 言いたいだけ

Million Dollar Baby/sideways

今日は土曜日
せっかくの週末なのに雨止まず。風邪も治らず。
でも寝とくのはなんだかつまらなかったので…

今日は前から観たかった映画を2本続けて観ました。

million dollar baby
b0000787_1729015.jpg
これは女子ボクサーとコーチの話なんやけど、なんだかなんとも言えない気持ちになったです。
終わった後うう、となってしまってなかなか席が立てなかった
でもこうやってナイーブな気持ちにさせる映画は自分にさりげなく影響を与えたりとかするもので…b0000787_1731482.jpgb0000787_17321968.jpg
試合のシーンかっこよかった。ヒラリースワンク。
ストーリーも含めて集中して観てしまった。純粋に見ててかっこいいと感じた。
そしてクリントイーストウッドにグッときたのも初めてですな


そして…

b0000787_1738385.jpg
sideways(音でます)

これはかなり好きな感じ!
良い!

ミリオンダラーベイビーがちょっと重かったのだけど、その次に観たのがこれで中和です。
こういう映画すごく好きです。
中年男子二人がワインテイスティングの旅に出る話なんだけど
二人バカで、かわいらしくて、
ああー、歳をとってもこんなんか、でもこんなんなったら楽しいな、
そんな話です。

あと舞台が南カリフォルニアだったんだけど、いいとこやーん、カリフォルニア、と再確認。

晴れたらどこか出かけたいですな。
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-09 17:54 | 映画

あけましておめでとうございます

ちょっと遅れましたがみなさんあけましておめでとうございます。
みんな様々な正月をすごしたようで、日本はやっぱりよいな、とおもったり
あたしもこたつにつかってみかんやぼんたん?を食べてみたりしたいと思う今日この頃。

大晦日はマツケンサンバを初めてみました。衝撃やった。豊橋の誇り。
お正月はローズパレードという素敵パレードを観ました。伝統的なパレードらしいです。
マーチングバンドやカラーガード隊、馬にのった人など ああ!これがニューイヤーなのね!というわくわく感が満点でした。
b0000787_20215927.jpgb0000787_2022197.jpgb0000787_2022585.jpgb0000787_20231584.jpg










気球も飛びます。

新年2日目はちらしずしを作ってちょっとした新年会でした。
そして新年3日目からはやくも授業…

アメリカ人に三が日という概念はないらしく、正月気分を味わったのもつかの間
無情にも1月3日の月曜日から平然と冬学期に突入でした。
新学期ってなんだか慌ただしいです。学校もなんだか活気にあふれています。

でも、雨。
今週は月曜日から雨でした。つまり新学期初日から。
出ばなをくじかれるとはまさにこのこと。
そして雨対策が万全でないのか、うちのまわりはプチ水害。
家の前に川ができて渡れなかったり、地面がぬかるみまくりで足が15センチほどうまったり。
傘を持ってなかったルームメイトもようやく重い腰をあげて傘を買ってきました。
はよ晴れんかなー どんよりはカリフォルニアらしくないです。

あとはひできと白木くんの声を4ヶ月ぶりに聞いたり
教授に段ボールいっぱいのもちをもらったり
隣町にすてきなドライブウェイがあることを偶然発見したり
フリーウェイで迷子になりかけたり
19ドルで靴を買ったら靴ひもが片方なかったり
カメラ屋さんに行き過ぎて顔をおぼえてもらったり
そのカメラ屋さんの近くにたった6ドルでめっちゃおいしいイタリアンのランチをだしてくれる店を発見したり
ひさしぶりの友達に会えたり
新しいクラスで新しい友達がたくさんできたり
学校があると1週間が過ぎるのがとても早い。もう週末かぁ…

今学期もなかなか楽しそうで、大変そうで忙しそうだけどがんばれそうです。
がんばれ自分。
がんばれ日本のみんな。今年もよろしく!
[PR]
by kotomitsuko | 2005-01-08 20:47 | 学校


カテゴリ
以前の記事
リンクたち
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧